別れさせ屋を斬る

別れさせ屋の手口や工作、別れさせ屋を利用するときの心構えなどを書いた総合情報サイトです。2ちゃんねるや掲示板を使った情報の手に入れ方や体験談もあります。
別れさせ屋を斬る>結婚を約束した彼の態度が冷たい
スポンサードリンク


結婚を約束した彼の態度が冷たい


私には結婚を約束した彼氏がいます。彼とは大学生のときに合コンで出会いました。とっても明るくてさわやかな彼にほれた私は、合コンのあとにメールで食事に誘いました。彼と2人きりで食事をしていると、合コンのときに一番気になっていた女性が私であることを教えてくれました。私も私のことが一番気になっていると言う話をして、そこからお付き合いが始まりました。

そして今まで一度もけんかをすることなく、仲良くすごしてきました。3年がたち、私も彼も社会人になり結婚を考えるようになりました。彼が私になかなか結婚のことを言ってくれないので、私の方から結婚について話をすると、彼も結婚をしたいということを話してくれました。ただ、まだ仕事に慣れていないということで、まずは仕事がしっかりできる一人前に社会人になりたい、ということを話してくれました。そして仕事がしっかりとできるようになれば、結婚しようとも約束してくれました。

結婚を約束した私たちカップルですが、ここ最近彼の態度が冷たいのです。なにか私が話をするとすぐに私の意見を否定するようなことをいいます。また、昔はすぐに私が重い荷物をもっていると、横からサッとかっこよく荷物も持ってくれました。そして、昔ほど私に対して笑顔を見せてくれなくなりました。とても悲しいです。

どうしてか突き止めていくと、別に付き合っているわけではないとのことですが、仲の良い女の子友達ができたようです。そして私の彼は、その女の子友達のことが気になっているようです。もしもその彼の女友達が彼のことに好意をもっていたら・・・私は気になって夜眠ることができず、不眠症にもなってしまいました。今の状態がつらいです。女の子友達に心を奪われている彼を、再度私に惚れさすように別れさせ工作をすることはできないでしょうか?

管理人の回答
別れさせ屋に依頼することで、男前の別れさせ工作員を女の子友達に接触させ、男前の別れさせ工作員が彼女を惚れさすことは可能です。そして彼女と別れさせ工作員が付き合ったところで、彼と女の子友達の関係について別れさせ工作員が責めます。そして彼と女の子友達の関係を崩すという手口が考えられます。彼と女の子友達を別れさすことは可能でしょう。

ですが、私も男なので男の気持ちはよくわかります。ここでの問題は彼の心をうばった女の子友達に問題があるのではなく、あなた自身に問題があるような気がします。まず、3年も付き合っていると言うことで、普通のカップルだとマンネリになる可能性があります。そしてあなた自身、彼氏に良く見られるための努力を怠っている可能性があります。常に彼にかわいいと言われたいという気持ちを持っていますか。去年と同じような服になっていませんか?常に何か新しいものを身に着けて、彼が新鮮さを感じられるような努力をしていますか?髪型はどうですか、二年前と同じような髪型になっていませんか?2年前と比べてちゃんとイメージチェンジをしつつ自分に似合う髪形をしていますか?

もしも2年前と変わらない、もしくは少しきれいになる努力を怠ってきた、となると彼が他の女の子の方を向いてしまっても仕方ありません。

もう一つ問題があります。彼に対して『結婚』という2文字でプレッシャーを与えていませんか。たとえ大好きな彼女と言えども、まだ結婚をする気がなければ、結婚・結婚と彼女が言えば、プレッシャーになります。たとえあなたのことが好きだとしても、まだ彼は結婚を考えていないのかもしれません。そんな彼に結婚・結婚ばかり言っていると、やはりもっと気軽にデートできる女性はいないのかな?と彼は無意識に考えるようになります。その結果、女の友達に心惹かれているのかもしれません。

まずは、別れさえ屋に150万円使うのではなく、あなた自身を魅力的にするために150万円使うのはどうでしょうか。エステに行くときれいになるのかどうかはわかりませんが、美容にお金を使うのもいいでしょう。おしゃれな服を買うのもいいと思います。彼に
「お、今日の服かわいいね。似合っているよ」
と言われるような服を探してみてください。

また、2年も3年も同じような髪型をしていてはいけません。今とは違うかわいい髪形を研究して、イメージチェンジしてください。今とは違うかわいい髪形とは、何も流行に合わせろ、と言うことではないので注意してください。あなた自身が変わり、また楽しいデートをすれば、きっと別れさせ屋に依頼しなくても、自然と彼の心はあなたの方に向くはずです。彼があなたといる時間が幸せだ、と感じられるようなデートを重ねてください。きっといつか結婚する日がくるはずです。


スポンサードリンク